ブログメイン画像

| Blog Top | session |

新しい子供たち


ドリームウォーカーバースなど
新しい子供たちの誕生のお手伝いをしていたら
ある時、

新しい学校を早く創って…

というオーダーをいくつも感じて

いいな〜とお手伝いしていた
"里山あそび場"が
これも新しい形の学校の感じがして来た…

そしてピンと来たバリ島のグリーンスクール

行ったよ。
めっちゃ理想的と思ってたから
子供たちが生き生きしてる

大人は子供たちが
やりたい事を引き出せるように
創造出来るように
サポートしていた
それはシンクロタイズと同じ引き出し方

シンプルなんだよね。

絶対に否定しないし
競争なんて全く無し

共創はあるよ
みんな共に創り上げる
そんな感じ

行ってみて
これ日本で出来る

いや、ある!ある!
って感じていた…

その話をある飲み会でしたら
そこに参加されたお母さんが
「うちの子供が通っている学校はそうだよ!」

って、まじか〜!あった〜!
やった〜!
まだ公開はしたくないそうでしたが。

もう子供が学校を自分たちで創る時代が来るな〜

ある時そう感じた。

感じた。
そしたら…

こどもばんぱくを手掛ける中井けんとくんが現れ…
今、目の前では、もうバンバン
子供たちが発信しまくってます。

こどもばんぱくに協賛された
13歳の企業家株式会社クリスタルロードの代表取締役加藤さん、
中高生団体SustainableGameの
リーダー山口さんも

中学生のイベントに
中学生がスポンサーとして
協賛している。

子供たちが、自分で稼いだお金で
大人もこどもも関係なく出来る範囲でクラファンをしている。

「めちゃくちゃ面白くて、ワクワクする社会を作るために行動し投資する。
こういうのが自分たちの世代。
大人になるまで待つ必要はない。
今やりたい事のために、やる。
それを支えてくださる大人の方達が
いる。
めちゃ、いい時代や!」

と中井けんとくんは語っています。

山口さんの取り組みも、面白いそうだ。


いや〜、きた〜!
自分が信じられると、目の前に現れるのかもね。

バンバンですよ。
私は、邪魔にならないよう
必要とされた時だけ、
出来ることで、
子供たちの応援に入る感じがいいな

もう大丈夫
みんなありがとう!


愛しい新しい子供たち


名前にけんが付く男の子たちと一緒にいた日。
あったかかった〜

 

夜、公園でサッカー?をやっている
子どもたちを見ているうちに
2人の溢れ出る情熱を感じた

甥が小さい頃、お父さんやお兄ちゃんと一緒に
夜も昼も何度も何度も練習している姿がダブり、ものすごくあったかくなって、
泣いた?
2人の姿を見て感じてしまったよ。

すっごく大切なものを積み重ねていたのね。

その時のお父さんのあったかいものが、
今、甥にある。包まれてる。輝いてる?。
小さな男の子と遊びながら教えている時に
それがある。
伝わる。
選手になろうがなるまいが、関係ないわ。
無駄は1つもないのだね。

愛しい新しい子どもたち


| 1/1PAGES |

selected entries


categories



schooltop
バース school
シンクロタイズ school
セクシャルエナジー school
スクール体験談

news

イーサの和

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
プロフィール

セルフヒーリング

みなさまの体験談

セッションメニュー

バース

シンクロタイズ

デストランジッションスクール

オステオパシー

リコネクション

呼吸と気功

子供のワーク

遠隔

Heartlight Session

ご予約・お問合せ

のりのりブログ



アクセス

archives


mobile

qrcode