ブログメイン画像

| Blog Top | session |

スーパーボランティア


割れた瓦を治してくださる大工さんは
大忙し
あのスーパーボランティアの方にとっても似ていて
ニコニコしてよくおしゃべりして
毎日お仕事、時々千葉の方にも、かわいそうだからってボランティアしに行ってる

うちは千葉に比べたらそれほどでもないですが
しかし緊急事態なので
おじさんは、朝5時とか夕方に急いで駆け付け
屋根の応急処置をしてくださった。
おかげで雨になっても全然雨漏りしません。

でも修理がいくらかかるのか
まだ見積もりがなくて
ちょっと不安があったけど
もうケセラセラだわ

屋根が壊れた物置の方も工事していただくことになっていますが
いかんせん。自分の住処ではないし、趣味の部分なので、
忙しいおじちゃんを急がせるわけにはいかない。

しかしもう一度台風がくるとか
一度は、諦めたけど
2次災害を起こす可能性があるから
ほっとくわけにはいかなくて
自分でブルーシートをかけることにしました。

でも難しい
本当に

道を歩く人や、施術にいらしたクライアントさんや、従妹まで
手伝うよって言ってくださったのですが・・・

いやいや、危ない。
とてもじゃないけど、お願いできませんでした。

でもお気持ち嬉しかったです。ありがとうございました。

で、試行錯誤して時間かかったけど
できた・・・・
全面にブルーシート張ったわ。

でもね。
風が強く吹いてきたら
片方のブルーシートは吹っ飛びビラビラに・・・

逆に強風の中
外すことに
危ないじゃないか。
もう結構です。


もうこういう強い風の方をなんとかできないか。
とてもじゃないけど、手も足りない。
たくさんの人の家があるのに住めなくなるって
大変な恐怖も蔓延してくるだろうな

保険屋さんだって
行政だって
もう無理だよね

自然災害
なんとかできないか・・・

あ〜!ちょっとひらめいた!
いけるかも。


 


遺言書


叔母が
今日
本当に気楽に
書かれた遺言書を持っていらして
これでいいかな〜と

散骨してくださいと書かれていました。
では「お葬式はご希望ですか?」
と伺ったら
「それはいらない。」
「私と同じじゃないですか〜」とお話しして

私も葬式無用、横浜の海に散骨希望なのです。

いやいや、以前だったらタブーだったのに
気軽にこういう話ができるようになったね。

タオル1枚が、命を助ける?


熱中症にならないように、
水で濡らしたタオルを首に巻けば
室内でも屋外でも少しは楽になる。
そして、寒いところでは、
そのまま首に巻くと防寒に早変わりできる。
特に夏には重宝。

台風🌀15号は怖かったよ〜。
まだ千葉では停電が続くとか。
友人が、町の雰囲気、異様だと、信号もトンネルも真っ黒、
数少ない空いてるお店に人が殺到して、大渋滞大混乱、
電話回線もダメで、町へいってメールしたそう。

ここ横浜の私の家では、強烈な雨風で、みしみし家は揺れるし、
雨戸が外れてガタガタ・・・
やばい!
外に落ちて周りにご迷惑かけないように、
瓦割れないように、
強風のなか両手で雨戸を内側からガシッと抑えてた。
ひたすら願う…早く過ぎ去ってくれ。
押す引くの強烈な力、外から天井からも雨漏りによる雨も加わり、
カーペットはびちゃびちゃ。部屋の電気はショートし…

ウケるよ。何かのアトラクションですか?
ジェットコースター🎢とお化け屋敷ぐらい?
初体験

朝起きて屋根瓦が何枚か割れてる😰
なるほど…そゆこと…
植木も倒れ…
物置きの屋根も壊れて…
そして周りの家の屋根も何軒かは壊れていた。
屋根やトタンが千切れていたり
倒木や枝やゴミが庭や道路に散乱してて
大きい台風だったのね。

暑い中での作業はあの濡れたタオルが助けてくれた。
手足が太陽の熱で痛く感じたので、
洋服も濡らしたら、楽に動けたよ。
足場作りに野草を抜いたり瓦礫の掃除に。
火事場の馬鹿力もあるんだろうね。

瓦屋さんも、母がごみ捨てに行った時、
立ち話して、困った〜って話した相手が、
瓦屋さんだったというオチ。

瓦屋さんも植木やさんも、
いそがしくて修理には時間がまだかかるけど、
応急処置してくださり、なんとか…
みなさん、ありがとうございます。

🏠は、今まで私達をたくさん守ってくれていたんだわ。
ありがたいありがたい。
千葉の友人はまだ停電だけど、月明かりだけで過ごす夜、
素敵ですって、✨🌙めちゃくちゃ明るいそうですよ。

何故か今回は、3匹の子ぶたの話と無人島での台風体験を思い出したわ😁。

そうそう。自家発電へなんとかしたいな。

すっごく疲れてめげそうになるけど
自分を諦めないよ。

すべてうまく行く。

しばらくぶりの投稿でした。



新しい子供たち


ドリームウォーカーバースなど
新しい子供たちの誕生のお手伝いをしていたら
ある時、

新しい学校を早く創って…

というオーダーをいくつも感じて

いいな〜とお手伝いしていた
"里山あそび場"が
これも新しい形の学校の感じがして来た…

そしてピンと来たバリ島のグリーンスクール

行ったよ。
めっちゃ理想的と思ってたから
子供たちが生き生きしてる

大人は子供たちが
やりたい事を引き出せるように
創造出来るように
サポートしていた
それはシンクロタイズと同じ引き出し方

シンプルなんだよね。

絶対に否定しないし
競争なんて全く無し

共創はあるよ
みんな共に創り上げる
そんな感じ

行ってみて
これ日本で出来る

いや、ある!ある!
って感じていた…

その話をある飲み会でしたら
そこに参加されたお母さんが
「うちの子供が通っている学校はそうだよ!」

って、まじか〜!あった〜!
やった〜!
まだ公開はしたくないそうでしたが。

もう子供が学校を自分たちで創る時代が来るな〜

ある時そう感じた。

感じた。
そしたら…

こどもばんぱくを手掛ける中井けんとくんが現れ…
今、目の前では、もうバンバン
子供たちが発信しまくってます。

こどもばんぱくに協賛された
13歳の企業家株式会社クリスタルロードの代表取締役加藤さん、
中高生団体SustainableGameの
リーダー山口さんも

中学生のイベントに
中学生がスポンサーとして
協賛している。

子供たちが、自分で稼いだお金で
大人もこどもも関係なく出来る範囲でクラファンをしている。

「めちゃくちゃ面白くて、ワクワクする社会を作るために行動し投資する。
こういうのが自分たちの世代。
大人になるまで待つ必要はない。
今やりたい事のために、やる。
それを支えてくださる大人の方達が
いる。
めちゃ、いい時代や!」

と中井けんとくんは語っています。

山口さんの取り組みも、面白いそうだ。


いや〜、きた〜!
自分が信じられると、目の前に現れるのかもね。

バンバンですよ。
私は、邪魔にならないよう
必要とされた時だけ、
出来ることで、
子供たちの応援に入る感じがいいな

もう大丈夫
みんなありがとう!


いよいよNES2019


あ〜シャンブラマガジンに載ってるわ
いつもサポートありがとうございます

明日からスタートです!

18:30から受付です
お待ちしております



意識を拡げる


そう。

このシンクロタイズNES
の意識のストレッチプログラムを体験してから
空間認知能力が格段に上がりましたね。

たとえば運転していて
周りも感じることができたりするんですよ

狭い道を走るとき
以前なら
左右がどの位空いてるのかわからなくて
ソロリソロリ
わ〜わ〜怖いな〜
視覚でしか感じられなくて
周りをキョロキョロ見ながら
ビクビク運転してました

運転イヤ〜私下手!って感じる瞬間でした

ところが…
意識のストレッチをしてから
周りの感覚がわかるので
体感があるんですよ

道の真ん中
どこにいれば安心かが
一瞬で感じるようになったんです

だから、どんな狭い所でも
とてもリラックスして運転出来て

私上手い〜!と感じる瞬間が増え
運転が怖いものでなく楽しくなりましたね。

それから
欲しいものがあって
スマホで検索して
横浜では、○○店にあると出てくるけど
私が欲しいサイズのものが無い感覚を感じて
で、一応行ってみたら、やっぱり…
無い!

それで次から
そのお店に意識を拡げて
あるかないか感じて、動くようにしたり

意識して拡げないと
普通の頭で考える状態に戻りますね。

海外のことも
意識をそこまで拡げると
今 ここ日本にいながら
バリを感じたり
パリを感じたり
バルセロナを感じたり
ハワイを感じたり

面白よ
ゴージャスな体験です

石畳を歩き続けたから
体が疲れましたっていう感覚もあったり

もう十分楽しみましたって感覚になるから 笑
で実際行くこともありますが…
とてもスムーズに事が進みます
楽しみ方が今までの何倍にも膨らみましたね


そんな事もたまにやってます

 


シンクロタイズスクール開催!


1年ぶりに開催します
しかも世界中で今開催するのは、日本の横浜ここだけです

じゃ〜ん!

2019. 7. 5〜 8
New Energy synchrotize School

創造についてなんです

実はいつも願いは叶っちゃってるんですよね
良いも悪いも
良い悪いっていっても

どっちも自分で引き寄せて 叶ってる・・・奇跡

わぉ!

嫌だいやだとずっと言ってたら
それはずっとその状態が叶っちゃうし

どんどんひどくなるかも
大げさになっていく

じゃ〜なんでそれを創りだしたのか
自分のパターンをちゃんと見ていくんですよ

それいるの?本当はどうしたい?
なんでそこにあるの?

意識的に自分で気づいていきます
自分と対話する貴重な4日間

そしてこのスクールは
横浜の街を舞台に いろいろ体感していきます

小さくなっていた意識を拡げる
ストレッチプログラムもあります

これで
本当に今まで気が付かなかったことを感じていきます

さ〜どんな体験になるか
おたのしみに。


愛しい新しい子供たち


名前にけんが付く男の子たちと一緒にいた日。
あったかかった〜

 

夜、公園でサッカー?をやっている
子どもたちを見ているうちに
2人の溢れ出る情熱を感じた

甥が小さい頃、お父さんやお兄ちゃんと一緒に
夜も昼も何度も何度も練習している姿がダブり、ものすごくあったかくなって、
泣いた?
2人の姿を見て感じてしまったよ。

すっごく大切なものを積み重ねていたのね。

その時のお父さんのあったかいものが、
今、甥にある。包まれてる。輝いてる?。
小さな男の子と遊びながら教えている時に
それがある。
伝わる。
選手になろうがなるまいが、関係ないわ。
無駄は1つもないのだね。

愛しい新しい子どもたち


おもろ〜な人達




みんなおかしいやん
おもろいやん
いいやんいいやん すきーーー

って…感じる人達

リアル中井けんとくんに会いたくて行った会

私はその内、子供が自分から進んで、
何かを開催したり、学校を創るのではないかと、
密かに感じていたら・・・

目の前に現れた
それが中井けんとくん
福岡に住んでいらっしゃるから
ネット上でいろいろとやり取りしてたけど
やっと会えたよ!

みんな…
今回の登壇者の方々は
なんと既存の物から、
障害物から
ブレイクスルーしようとしてる。

お話し伺ってると
呆気にとられて…
いろんな障害が、登壇者によって、
おもろ〜
爆笑に変わっていく絶妙に

そう爆笑三昧だったんです

みなさん、凄い!

ゲストの方はこんな方々でした


▼ ゲストから一言 ▼

落水洋介
俺は寝たきりになるけれど、今が一番幸せです!
もうすぐ声を失う俺の叫びを聞け!

前田陽汰
「ムラを閉じる悲しみ」から「ムラを紡いでいく希望」へ

小野木大悟
「人間の条件」を探求する、無職です。

中井けんと
はじめまして!福岡の中井けんとです。
自己表現家として活動してます。
個性爆発な方達の中でどこまで話せるか!(笑)


▼ MCから一言 ▼
岡勇樹
こんな動物園みたいな騒がしいイベントやっちゃダメだよって思った
俺自身がゴリラだったことに気づいた38歳の春。

萩原頌子
近年稀に見るエキセントリックなゲスト陣とゴリラMCを、
ひとりで統率できる自信が全くありません。
もうダメだ誰か助けて。


中井けんとくんは、この夏こどもばんぱくを開催します。
http://kodomobanpaku.main.jp/


ビーコルセアーズ帰港パーティー


そもそもオリンピックのボランティアの練習に
と始めたスポーツボランティア。
オリンピックは落選し泣いた〜

そんなボランティアスタッフのために
Bリーグのビーコルセアーズさんが
帰港パーティーを開催し招待してくださいました。

知り合いもいないし1人参加
私、人見知りだしな…
楽しめるのかな?
端っこでそっと食べていよう

と思いながら参加したのですが、



何となく座った隣の席には…
ビーコルセアーズの社長さん
目の前にはスーパーボランティアの方々。
#やばーい逃げよか

でもお話ししてみたら…
Bリーグ設立の頃のお話しから、
ま〜たくさんの裏話、設営時の試行錯誤、
家族がターゲットの集客の時の工夫などなど…
みんなが楽しめる仕組みに共感し、
こんな素敵なお話しを伺う事が出来て行ってよかった〜。

観覧者数1000人から5000人まで増えた。
まさに達成した日、
偶然にも初めてお手伝いした日で…
(@_@;)びっくりしたわ。


意識が拡がる感覚。会場の隅々まで。

"意識的に拡げる"
NESニューエナジーシンクロタイズ
を受講してから
意識して拡げることが出来るようになって。
感性がさらに拡がった。
おもしろい

以前横浜マラソンで救急救護のスタッフした時は
マラソンランナーのエネルギーが強烈に一方向に向けて押し寄せて来たけど

ここは、まったくそれとは違う
入口でひとりひとりにもフォーカスしながら
とにかく安心安全に気を配ったボラスタでした。
絶対2日続けてなんてできませんよ。
それだけ濃厚で面白い体験でした。

来期は設営も携わろうって思ったわ。
プールを、バスケットコートにどうやって仕上げるのか体験してみたいわ。

私が危険だと感じた場所の事も伝えると、もう積極的に改善したいという姿勢の社員さん。
社長さんは1番動いてビールを注ぎ、感謝して廻っていらした。

最後に抽選があって
私があたったサイン


#33番って誰やねん
知らんけど番号が嬉しかった
調べてみたら
#アーサー


シャツを当てた方が
これ着て写真撮るといいよと貸してくださった
嬉しいー



#ひとりぼっちだって心配いらんがな
楽しいよ

みなさま、またね
ありがとうございました。
 


<< | 2/26PAGES | >>

selected entries


categories



schooltop
バース school
シンクロタイズ school
セクシャルエナジー school
スクール体験談

news

イーサの和

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
プロフィール

セルフヒーリング

みなさまの体験談

セッションメニュー

バース

シンクロタイズ

デストランジッションスクール

オステオパシー

リコネクション

呼吸と気功

子供のワーク

遠隔

Heartlight Session

ご予約・お問合せ

のりのりブログ



アクセス

archives


mobile

qrcode